雑念の中での練習

練習中は頭をクリアに、呼吸の音を聞いて、目線を意識

 

そんなことは分かっているけれども、全く違うことしか考えられないときがある

 

そんな今朝でした

 

大抵そんな日はシッティングに入った途端にパワーがなくなり、ヴィンヤサではなくなり、エネルギーの流れはストップ

 

今朝は完全停止しました

 

自分一人で部屋で練習しているときはたまにあるけど、スタジオでは珍しい

 

それくらい集中できていなかった

 

1年ほど前のチャックミラー先生の言葉が思い出される

 

ヨガがあなたを癒してくれるわけではない

 

ヨガは道具だ

 

あなたがどうヨガを使うかだ

 

さて、また明日も練習が待っている

 

 

カフェの人たち

f:id:budapestdeashtanga:20181120074810j:image

 

毎日美味しいコーヒー、そしてランチを出してくれるメンバー勢揃い

 

名前は知らない

 

まだないわけではないだろうけど

 

 

 

 

f:id:budapestdeashtanga:20181120074945j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181120075006j:image

 

落ち込んだときに飲むコーヒーはいつだって少し楽にしてくれる

 

スープは気持ちを温かくしてくれる

 

そんなわけで、明日も頑張りましょうかね

 

風邪が長引き、けっこう練習を休んでしまった

 

スーリヤナマスカーラだけの日が続き、身体は少し重くなっているが、使い過ぎていた部分には良い休みだったのかも

 

明日からしっかりとした練習ができそうだ

 

故郷に思いを

風邪をこじらせ、喉を枯らし、鼻を詰まらせていたこの一週間

 

鼻が完全に詰まっていたので、アシュタンガの練習がほとんどしっかりできなかった

 

さて、そんな今日は故郷、松本の話

 

僕の故郷は信州まつもと

 

その松本のサッカーチーム松本山雅が今日J2での優勝とJ1昇格を決めた

 

思い返すと、イタリアでの1年目に松本山雅JFLからJリーグへ昇格した

 

あのときも最終戦の結果をインターネットの速報を睨んでいた

 

今日は風邪をこじらせ、半分グロッキーになりながらスマホにかじりついた

 

子どもの頃、純粋に応援したくなるチームが存在しなかったが今はある

 

自分はやっぱり松本が好きなんだなと確認できる、それが嬉しい

 

松本、良いとこなので一度は是非、案内しますんで

 

f:id:budapestdeashtanga:20181118090206j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181118090349j:image

 

またね イタリア

週末だけのトリップはあっという間でした

 

3泊もお世話になったようじろうさんありがとう

 

カレーもご馳走になったのだが、写真は撮り忘れ

 

なにはともあれ、空港へ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181113065232j:image

 

ピサのゲートはちゃんと屋内だ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181113065325j:image

 

やっぱり遅れている

 

なんだかんだで1時間遅れの搭乗

 

f:id:budapestdeashtanga:20181113065426j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181113065442j:image

 

ピサは子どもの頃いつか来たいと夢見た場所

 

f:id:budapestdeashtanga:20181113072102j:image

 

ルパン三世第二シリーズ

ピサの斜塔は立っているか」で初めてこの街のことを知り

 

この斜塔に理由もなく惹かれ、いつか訪れたいと願っていた

 

幸運にも大学時代に初めて訪れることができ、それからフィレンツェに住み始めてからは何度もフラフラと来た

 

広場の芝生ののんびりした雰囲気、子どもの頃のノスタルジー、特別な場所

 

僕のパワースポット

 

 

今回の旅では広場に広場に行くことができなかったのが心残り

 

でしたが、最後に少しだけ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181113073058j:image

 

アップにしなければ分からないくらい小さいけれど

 

それでも幸せ

 

4年ぶりのイタリア

 

素晴らしい時間でした

 

また、すぐに来たい

 

 

 

 

イタリア2日目

今日は朝からフィレンツェ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112214918j:image

 

駅に着いて驚いた

 

日本の駅みたいに改札らしきもの

 

僕が住んでいたときにはなかった

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112214947j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112215043j:image

 

駅を出てドゥオーモへ向かう

 

小雨が降っているがそれほどではない

 

相変わらず石畳の道がボコボコだ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112215109j:image

 

ここで友達と待ち合わせ

 

4年ぶりの再会

 

積もる話もあり、バールへ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112214240j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112214248j:image

 

会っていない間の話

彼女に190センチの彼氏ができそうなこと、僕がヨガにはまっていること

 

彼女の家にもお邪魔を

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112214757j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112214811j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181112214848j:image

 

画家さんと暮らしているのだそうだ

 

ちょっと羨ましいな

 

僕と同業の友達も紹介してくれた

 

技術的な話、情熱の部分、様々な方法についての話

 

たわいもない話も含めて、ヨガの話をするときと同じように、深く、濃く

 

始めて会ったのに、そんなことは全く感じない

 

いい時間だった

 

夜はクラウディオと共に、彼の奥さんの勤めるディスコへ

 

こちらのディスコは若者の為だけのものではない

 

紳士、淑女の社交場でもある

 

久しぶりのダンスクラシック

 

80年代サウンドが心地良い

 

素晴らしい時間だった

 

f:id:budapestdeashtanga:20181113034614j:image

 

 

 

 

イタリア1日目

さて、昨晩遅くにイタリアに到着したため、今日が1日目

 

朝から友人と生地屋巡りをし、クラウディオのサルトリア(テーラー)へ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111085710j:image

 

クラウディオは父の代からのテーラーで、衣装のテーラリングも行なっている

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111085737j:image

 

中はさながらミュージアム

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111085833j:image

 

コレクションのアイロン、ハサミ、ミシン

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111085900j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111085931j:image

 

これはコルセットを締め上げる道具

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111090204j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111090224j:image

 

とてつもなく大きいハサミ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111090308j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111090333j:image

 

19世紀のオリジナルの衣装や傘も

 

何もかもが美しい

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111091500j:image

 

フィッティングルーム

 

この素晴らしさの中にいられたことがしあわせだった

 

そして昼食

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111091758j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111091836j:image

 

タリアテッレをいただく

 

やっぱりパスタはイタリアが美味しい

 

間違えない味

 

クラウディオとは夕食で再会の約束をし、ここでバイバイ

 

その後は蚤の市へ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111092010j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111092040j:image

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111092108j:image

 

そして悩みに悩み、買ってしまった

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111092214j:image

 

1905年刊行、市民の広告紙とイラストレーションをまとめた本(オリジナル)

 

ライアンエアーの手荷物に入るかどうかが問題だ

 

クラウディオとの夕食の時間は8時半

夕食の前に小腹が空いたので、友人宅暖炉で肉を焼く

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111092657j:image

 

何度も火を炊くことに失敗してやっと肉が焼ける

 

スモーキーでめちゃくちゃ美味い

 

その後に夕食へ

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111092852j:image

 

トスカーナだ、仕方ない

 

赤だ 

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111093225j:image

 

食べ過ぎた

 

お腹いっぱい

 

f:id:budapestdeashtanga:20181111093312j:image

f:id:budapestdeashtanga:20181111093332j:image

 

イタリアのラベルやレタリングは本当に美しい

 

素晴らしい食事の時間も終わり解散

 

1日が素晴らしい1日だった

 

明日は懐かしのフィレンツェ