エゴの話

こちらでの生活はエゴのぶつかり合い、我の通し合いのような生活になりがちだ

 

こだわりをもった人間が集まる場所では特に

 

そんなわけでヨガ漬けの生活で振い落としきたはずのエゴがシミのように広がっていく

 

ただ不思議と心が折れそうにはならない

 

もちろん周りの影響は少なからず受けるし、イライラもする

 

nobody is right

 

正しいひとなどいない

 

自分も含めて

 

結局そういうことにして、自分は自分の道を行くのだ、ひとと関わり合いながら

 

それができるようになっただけヨガをしている意味もあるのかもしれない

 

f:id:budapestdeashtanga:20181109083430j:image