暮らし

日本を発つ前に小説をいただいた

 

渡欧中の機内で読むか迷ったのだが、着いてから読むことにしていたものだ

 

 

 

その小説の中から一節

 

"変わらないでいたことが結果としてえらく前向きだったと後からわかってくるような暮らしを送るのが難しい"

 

自分の暮らしに照らし合わせたときに「前向きだ」と思えたことが嬉しい

 

毎日アシュタンガヨガの練習をしてきて、これこそがボクがいただいたものなのだと思う

 

ヨガと関わって出会ったことも含めて

 

どれくらい続くのかは分からないが、ここでの暮らしがそうなり続けるようにしたい